徳という漢字について。。。

 

って、???ですよね(笑)

 

最近私はについて学んでいるのですが、徳ってあればあるほどよさそうな感じがするし、徳が欲しぃ~~~~なんて強欲にまみれそうなんだけど、よ~く考えると、徳ってなんじゃらほい???とも思うのですよ。

 

だって見えるものでもないし、お金のように貯まってるのか減ってるのかもわからない。宇宙銀行には貯まってる?なんて想像?妄想の世界で、雲をつかむような感じが否めない(爆)

 

で、そんな困った時には、ヒント欲しさに漢字を調べたりするのですが。。。

 

『徳』の右側は 【直 + 心】で、まっすぐな心を表す

左側の部首のぎょうにんべんは 行い、まっすぐ正しい行い

 

ふむふむ。。。なるほど。。。

で???

 

さらに細かく【直】を調べると、【+ + 目】で、目の上、眉間の辺りに印が付いてる様子。目に呪術的な力を増すための飾りで、自分の眼力を信じる強さや見えない物を感じ取る力。

 

【Ⅼ】 は、塀のような建物を表し、目を半分ほど覆い隠している事を表現してるそうな。

 

【直】は、眼力を隠し持ち、ひそかに調べて不正を正すという意味らしく、心の目を開いて何事もじっくり対峙すれば、相手の本質を見極めることが出来るという感じみたい。

        ⬇

今なすべきことが明確になり、恐れることは何もない。。。と。

 

つまり漢字の成り立ちからいうと、心の目を開いて素直に相手(自分)を感じ見極めてまっすぐに正しい行いをすること。。。という感じでしょうか?

 

なんか分かったような分からないような(笑)

 

でも、こうやって【徳】って何だろう?どういう事なんだろう?と興味を持つことで、自分なりの理解を深めようとするプロセスが大切なんじゃないかな?って思うのですよね(笑)

 

そしたら、いつか点と点が繋がってくるかもしれないし。。。

 

未来のアハ体験を目指して、こうかな?ああかな?と右往左往するのが大切で楽しみでもあるのです☆(ここで落ち着くんかーい(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です