人間の記憶は曖昧みたい。。。part2

 

前回の独り言の続きです。

 

まだ姪っ子や甥っ子が小学生の時に、

次女(姉)の家に泊まりに行った時のこと。

 

姉が土鍋でご飯を炊いていてビックリして理由を聞いたら、

『だって〜子供達が土鍋で炊いたご飯の方が美味しいって言うちゃもん!』と。

その時の姉は、再度大学受験をし現役大学生であり、

家事をし、アルバイトもしている状況で、

超ハードスケジュールだったのに、その返答を聞いた時は、

本当に驚いたものです。

 

 

が。。。しかし。。。

その事を姉に話しても、

『え〜〜〜〜〜〜〜〜〜私、そんな面倒な事しよったと???

今では、全く考えられん!!!』

と、その驚きようったら(笑)

他にも、そんな話しが多々ある感じで、私の記憶違い???

って疑ってしまうほど(爆)

 

 

でも、若くして子供を産んだ姉としては、

必死で子育てしていたから、記憶すらも忘れた状態になってるし、

土鍋で炊こうが炊飯器で炊こうが大した事ではなかったのでしょう。

 

 

あの時の部屋の感じ、会話の雰囲気など、

側にいた私の記憶としてありありと残っているのに(笑)

もしかしたら、姉は日常で私は非日常だったから、

より私の記憶に残りやすくなってるのかもしれないけど。。。

 

 

でも、学生の時の友達との会話の中では、

こういった事よくありますよね。

みんな記憶している場面が違う(笑)

その子にとって、何か興味があったり心に引っかかったりで、

そういった意味でも思い出話しをするのは楽しいものです♪

 

 

私も自分の思い込みが沢山あって悩み悩みの人生でしたが、

色々な事をして、今はかなり生きやすくなりました。

自分を良い方に思い込む事が出来れば、

かなり楽に自分の意識を変化させることが出来るし、

自分を固定せずにみてあげようって

肩の力が抜けたお正月でした♪

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です