かぼちゃスープの学び♪

 

私はかぼちゃを煮た次の日に、母から習ったかぼちゃスープをよく作るのですが、改めてスープの作り方っていろいろあるのですね~

 

ちなみに私の作り方は、バターを溶かす → 小麦粉を振りかけ絡ませる →固まってきたら →牛乳で伸ばしていく →牛乳をドバドバいれる →トロミが出だす →煮たかぼちゃをつぶして入れる →コーンをいれる

 

という感じで作っていくのですが、牛乳を入れた時はサラサラ&シャビシャビな感じだったのが、ある一定の分岐点を過ぎると、一気にとろみが出てくるのですよ~

 

この時が、ちょっとした喜びなのですが✨💖✨その時にいつも思うことが

 

『何事にも見えるまでにタイムラグがある💫』ということ。

 

人生の中でも、いろいろ挑戦したり、勉強したり、取り組んでたりしていても、変化まで結構時間がかかったりしますよね。それに最初の時って、やってもやっても変化がないから、これ違うかも?とか、方法間違ってる?とか疑問が湧き上がって不安になりがち。分かっていてもジリジリと待つのって意外とストレスもかかってくる。。。

 

でも、確実に変化への微細な兆候はあらわれていて、そちらには向かってはいるのは間違いない!

 

その工程を見える形にしたのが、私にとってはかぼちゃスープをつくっている時で。。。

 

さらさら → トロトロ に変化した時に【時が満ちた!】と思うのです♪

 

きっと日々の何気ない日常の中でも変化は必ず行われていて、どんな状況でも自分を幸せにする方向には進んでいる。ただそれをふんわりと流していると、何も変わってないと思っている日常に、ただ焦りを感じてしまう。

 

それを回避するには、やっぱり視覚化が必要なんだと。。。

 

ずっと前から、ノートに書く事、アウトプットする事というメッセージが来てて、これがなかなかめんどくさく(笑)難しいのですが、こうやってブログをかくようになって、少しずつ自分の中では変化を味わう事が出来るようになってきたなぁ~と感じています。これは意外な発見でしたが(笑)

 

皆さんも、日記でも殴り書きでもブログでも何でもよいので、とりあえず自分の外に出してみる!という視覚化作業してみて下さいね。きっと自分に対しての新たな発見があると思いますし、三日坊主と言わず、1日坊主でもよいよね~というぐらいのスタンスでやってみるのも大切かもです☆

 

そして、今日は残っていた《野菜炒め+かぼちゃスープ》で手抜きドリアを作ってみました。

これがなかなか美味しかった♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です